トラブルを未然に防ぐ

原状回復の基本について

作業員

住宅を借りる場合に、原状回復という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。原状回復とは、借主がマンションやアパートを借りた時から退去するまでの間にできた汚れや傷等を元通りに戻して退去することです。 この原状回復義務は法律にも定められていますが、もし原状回復をしないまま借主が退去をしてしまうと、借主が住宅を借りた時に貸主に預けた敷金から原状回復にかかる金額が引かれるのです。 では、どのくらいの範囲で借主の回復義務が及ぶのでしょうか。 いくら元通りに戻すといっても全てを借主の負担で戻すことは借主側の負担が大きすぎるため、平等ではありません。通常の使用による傷や汚れなどは借主が負担をしなくていいと言うのが通例です。

意外とトラブルが多い理由

例えば、フローリングの傷や汚れでも、普通に歩いているだけでついてしまう場合は、貸主が負担することになります。また、壁に画鋲で穴を開ける場合は、通常の使用によるものですので、貸主が負担することになります。 これに対して、ものをぶつけて壁に大きな穴を開けてしまった場合や、子供のいたずらで部屋中落書きだらけの場合は、借主が原状回復の負担をすることになります。 ただ、原状回復を誤解している人が多く、全てが借主側で負担をすると勘違いしてる人もいます。あるいは、原状回復についてあまり知らないことから、借主と貸主の間でトラブルが起きることがあるのです。 通常の使用による原状回復でも借主の敷金から負担するような悪質な貸主もいるので注意が必要です。